菓子折りは持っていくべき?交通事故の加害者の謝罪の際に知っておくこと

交通事故を起こして相手に怪我や物損を負わせてしまった場合、加害者の立場ではどのように謝罪などをしていくのがよいのでしょうか。事故当初はパニックで混乱してしまうことが多いですが、まずは速やかに被害者にお見舞いやお詫びに行くことがよいと言われています。

今回は、交通事故の加害者になった際の謝罪の方法から菓子折り金額の相場まで、被害者に誠意ある対応をみせるためのポイントをお伝えします。

お見舞いやお詫びに行く前にするべきこと

交通事故を起こして加害者になってしまった場合、できるだけ速やかに、怪我を負わせてしまったならお見舞い、物損などの場合はお詫びに行くことがよいとされています。お見舞いや謝罪をせずに保険会社に任せたままにしておくと被害者側の心情悪化につながり、その後の示談交渉が困難になる恐れも出てきます。

まずは、事故を起こしたら自分の加入している保険会社に連絡を取り、お見舞いや謝罪に自ら行きたいという旨を伝えて相談しましょう。また、保険会社が顧問弁護士に事故処理を依頼している場合は保険会社を通じて顧問弁護士に相談するのもよいでしょう。

事故は一方的に加害者側に過失があるケースと、交差点事故のように双方に過失があるケースがあります。双方に過失があるケースの場合、お互いに感情的になりやすくなるので注意が必要です。どうようなケースであってもまずは保険会社の担当者とよく相談をし、事故後できるだけ早くにお見舞いや謝罪に行くのが理想的です。

まずは電話で訪問のアポントメントを

まずは、お見舞いや謝罪に行く際に事前に電話で被害者側にアポイントメントを取ります。保険会社や弁護士が代理してくれるケースもありますが、自らアポイントメントを取る際は、まず事故相手への謝罪を述べます。「この度はご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳ありませんでした」というようにまずは相手に心からの謝罪をします。

次に、相手の体調や怪我の具合などを気遣う言葉をかけましょう。「お身体の具合はいかがでしょうか?」「どこか痛みなどは出てきていませんでしょうか?」など事故後の経過にも気を配りましょう。その後、訪問のアポイントを取りましょう。

相手の訪問の際に都合の良い日時などを聞き、電話を切る際に再び謝罪をします。まだ、正式な謝罪をしていないこの時点で被害者の態度は硬化しているケースが多く、電話は顔も見えないことからトラブルがちょっとした言葉のチョイスでトラブルに発展しやすくなっています。

アポイントメントは誠意を持ちつつ端的に冷静に取ることを心掛けるとよいでしょう。深夜早朝など相手の迷惑になる時間帯にかけるのはもちろん論外ですが、電話をかける際に相手の生活時間帯にも気を配ることが大切です。

菓子折りは持参したほうが良い?

事故被害者のお見舞いや謝罪に行く際に、示談交渉が成立した後や被害者が受け取ってくれそうな場合は菓子折りを持っていくのがよいでしょう。

一般的にお詫びの菓子折りの金額は5,000円~10,000円が相場になっています。また、菓子の種類としてはあまり流行にのったような物ではなく、誰もが知っている老舗の菓子のような上品で比較的誰もが高級だと認識している菓子が無難です。

謝罪の際には高価な物で少しでも良く思ってほしいと思われるかもしれませんが、大切なのは事故に対するきちんとした対応であってあくまで菓子折りは付属品です。あまりに高価な品物を渡すと、物で胡麻化そうとしているのか、何か裏があるのかもしれない、と誤解を招き態度を硬化させてしまう可能性もあります。

あくまでお詫びの気持ちを伝えるポイントとして菓子折りを使いましょう。その際に熨斗(のし)を付ける必要はありません。また、被害者が感情的で誠意を伝えるのが難しい場合は菓子折りを持参するのは控えた方がよいでしょう。

菓子折りに文句をつけて話がこじれてしまった、というケースも少なからずあるので注意が必要です。

お見舞いの面会時間は5分程度で

交通事故の被害者にお見舞いに行く際、自分がストレスの原因となるということを自覚しておくことが大切です。被害者は加害者である自分の顔を見ただけで事故当初の恐怖などを思い返してストレスを感じたり、不安を呼び起こす可能性もあるからです。

しかし、きちんと誠意ある謝罪を受けることで被害者のストレスを軽減できることも事実です。そのようなことを踏まえ、面会時間は最長5分程度で考えておくのがよいでしょう。また、お見舞いの際の服装もできる限り地味で清潔なものを着用しましょう。

高価な装飾品や派手な服装は、高い示談金を要求できるのでは、と思われる可能性もあります。

被害者の怪我の具合や体調など様々ですが、あくまでお見舞いに行く際には、相手側の気持ちを最優先に考え、細部のみだしなみに配慮して行きましょう。今後の示談の経過や加害者のエゴで謝罪に行くという考えではなく、あくまで被害者への心からのお詫びの気持ちを示し、誠意をもって面会するようにしましょう。

お見舞いに現金は包まない!

交通事故の被害者のお見舞いや謝罪に行く際、菓子折りではなく現金をお詫びとして渡そうと考える人もいるのではないでしょうか。お詫びの気持ちとして、何が好きか分からないから現金で好きな物を買ってもらおう、そう思う気持ちも分かりますがお見舞いや謝罪に現金を包むことは避けた方が無難です。

まず、大前提として謝罪の際は賠償に関して言及をしてはいけないことになっています。それなのに、現金を渡してしまうと、この程度の金額で賠償を済ませる気か、と誤解を招くことも出てくるのです。賠償に関しては保険会社に仲介してもらって対応していくことになるので誤解を招き示談交渉が滞ることのないように現金ではなく菓子折りなどを持参するようにしましょう。

どうしても現金を包みたいという場合は、これは賠償金の一部にあたるという点をきちんと理解してもらったうえで領収書をもらうようにしましょう。しかし、現実的に領収書をもらったり、お金の話を加害者側からすることは難しいのが事実です。

お見舞いやお詫びの際、加害者は誠意ある謝罪の気持ちを伝えることに努め、お金の話はしない方がよいでしょう。

加害者側のお見舞いや謝罪で必要なこととは?

交通事故後、なるべく早くに被害者にお見舞いや謝罪に行った、それで満足してはいけません。事故の被害者のお見舞いは事故の当日か翌日には行くべきですが、その後も面会ができるようであれば毎日行くのが理想的です。

面会が叶って、被害者にも誠意が伝わり、もう来なくても大丈夫、などの言葉をもらえれば誠意が通じたことになります。毎日行くのが難しいのであれば、自分でできる限り都合をつけてこまめに顔を見せるようにしましょう。

また、お見舞いや謝罪をしても全てのお詫びが済んだと思ってはいけません。直接面会をした後は、被害者におわび状を送りましょう。被害者だけではなく、その家族も事故に怒りや不安を感じていると考え、被害者の家族に対しても迷惑をかけたことについて誠意をもって、きちんとおわび状という形を持って送るのは大切なことです。

交通事故の被害者に対するお見舞いや謝罪は、あくまで被害者の気持ちを考え、自分なりに誠意をもって心からの謝罪をすることが一番重要です。その際に、菓子折りを携えたり、おわび状を送ったり、きちんと誠意を形にしていくことも大切なポイントとなります。

関連サイト→後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所 ... https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/